歌舞伎町の風俗こそ本場の味

 >  > 人妻風俗嬢は危険な香り

人妻風俗嬢は危険な香り

人妻ヘルスでの出来事で、キレイで巨乳な人妻さんを選んで待合室から出て対面したら香水の香りが!風俗嬢で香水の香りが強いのは初めてでビックリ!小生は既婚者なので、このまま抱き合うと服に香水の匂いが付くと感じるほどの強さで、さすがにいつも早々と抱きつくのが今日はそそくさと服を脱ぎ、彼女にも自分で脱いでもらいました。鼻が慣れたのかシャワー中などは香水の香りはまったくしませんでした。ベッドに入ってエッチスタート!肉付きの良さは格別で、彼女の股間や柔らかいお腹にビンビンになったモノを擦り付けているだけで出そうになるくらい魅力的でした!彼女の身体を存分に舐め、小生のモノもたっぷり舐めてもらって口の中に大量発射!事が終わって彼女がシャワーを出しているスキに、カゴのパンティーの匂いを嗅いだら香水の香りが!さらに服の匂いを嗅いだら強烈な香水臭!こんな香りの強い香水は風俗ではどうかと思い、彼女に言おうと思ったが結局言い出せず終いでした。

風俗嬢をその気にさせること

美人さんばかりの風俗嬢が在籍しているということで評判の某風俗店に行って来ました。最初の内こそは、美人な女性特有の見下しているというか、ちょっとした壁のようなものを感じました。あなたのような一般庶民が相手をしてもらえるだけありがたいと思いなさい的な感じのアレです。ただ、共通する話題を見つけてからは、本当に打ち解けてきて、最後にはお互いの下の名前で呼び合うような砕けた感じになりました。徐々に打ち解けてくるに従って、キスも軽いものからかなりディープなものになりましたし、フェラチオもディープスロートはもちろん、玉袋を通過し、蟻の戸渡り、更にアナルまで舌を伸ばされる始末で、かなり濃厚なものを堪能出来ました。こちらはお金を支払っているわけですが、やっぱり気分などを盛り上げたり、打ち解けてその気にさせるのは、こちらの仕事だと痛感しました。以前までは嬢のサービスが悪いなんて、何もしていないのに言っていたものですが、それは違うんですよね。

[ 2015-08-22 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ